兵庫県リフォーム業者、クーリングオフを知らずに逮捕

兵庫県神戸市灘区でリフォーム会社を経営する男が逮捕されました。

逮捕容疑は、2016年11月から今年5月にかけ、大阪府吹田市の男性(76)ら市内外の4人と内装工事や外装塗装工事などについて契約した際、故意にクーリングオフ制度を説明せず、契約解除について記された書面を交付しなかった疑い。同署の調べに、容疑を認めた上で、「知識不足でクーリングオフ制度について理解していなかった」と供述しているという。

 同署によると男は、男性らの自宅を訪ねて契約を交わしており、不審に思った男性の家族が同署に相談し発覚した。

クーリングオフ説明せず契約 リフォーム業者を逮捕(47NEWS)

宅建業者なら資格試験で勉強する範囲のクーリングオフ制度。
資格なしでも経営できるリフォーム業は、クーリングオフについて無知な人は少なくありません。知らなかったでは済まされないので、クーリングオフに関する勉強はしておきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ