牛丼値引き!計画的な戦略とは?

牛丼



私たちお客には、喜びのニュースが!
それは、牛丼大手3社の一斉値引きである。

牛丼屋やファーストフード店は金額が変わるのはよくある話。
しかし、その値引きや金額改正は当然計画的なものです。

それはどんな計画か??
値下げした金額が適正な価格か?というテストです。

適正な金額というのは、頭の中で考えても意味がありません。
市場に出して初めて計測ができますし、答えがわかります。

この適正価格には、いろんな視点での調査があります。
単純に顧客数が増えるかは当然ですが、
質の高いリピート客が増えるかという調査でもあります。

多くのビジネスはリピート客に支えられています。
だから、金額を下げて顧客数を増やすだけでは意味がありません。
その金額で集客できたお客さんはリピートできるか?ということです。

これをリフォーム経営に置き換えてみましょう。
当然ですが、金額を下げれば顧客数が増えます。

しかし顧客数が増えても、その顧客がリピートをしない、
悪質なクレームが増える・・
これでは意味がないし、大きな損失です。

だから、あなたの必要なお客さんは、
どの金額だと集客ができて、リピートに繋がるのか。
これを確かめる必要があります。

そのために、市場で確かめるというプロセスは欠かせません。
金額を下げる、もしくは上げるという行為は勇気が必要です。
なぜなら、今まで集客できた顧客が去る危険もあるからです。

しかし、このテストマーケティングを避けると成長はありません。
マーケティングの上達は、市場へのテストと分析を繰り返すだけです。

このテストを繰り替えした経営者だけが甘い蜜を味わえます。
少しづつでも、テストマーケティングを試していきましょう。
それで成果がでたら、レバレッジをかけるタイミングです。

コメントを残す

このページの先頭へ