消費税10%が決定!?リフォーム事業の終焉?

消費税10%

消費税が8%から10%に上がることが決定しました。
10%になるのは、2017年の4月からです。

これは消費者にもちろん、経営者も頭を悩ませる状況です。
どうしても必要なものなら、買い物せざるを得ません。

しかし、リフォームで利益がでるのは改装工事などの贅沢品です。
経営者は未来を読みながら、マネージメントする必要があります。

10%になると、消費行動を少なくなるのは当たり前です。
10%になる2017年4月までに、駆け込み需要があるのは間違いないでしょう。

経営者のあなたがする行動は、シンプルです。
駆け込み需要までの間に、いかにお客さんを囲い込むかです。

囲い込むとは言葉が悪いですが、「リフォームをしよう」
そう思ったときに、すぐあなたの会社を思い浮かべる状態にしましょう。

そのためには、今のうちに小さい工事でも構いません。
お客さんの数を増やしておきましょう。

問題は、駆け込み需要が終わった後です。
当然、数カ月は閑古鳥がなく状態になります。

その時、あなたはどうしてますか??
今のうちに、できることを考えておきましょう。

  • 新しいビジネスを始める
  • 新しいサービス、商品を作る
  • 既存ビジネスの基盤を固める

どれをすれば正解かはわかりません。
しかし、立ち止まるのが一番危険です。

現状維持は衰退の始まり・・・
消費税があがる今のうちに、方向性を考えておきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ