【体験談】2級建築施工管理技士、おすすめの通信講座

2級建築施工管理技士、おすすめの通信講座

2級建築施工管理技士の通信講座はそこまで多くありません。

  • CIC(日本建設情報センター)
  • 総合資格学院
  • 全日本建築士会

この3つあたりが有名どころです。
すべてを比較検討してないので、
完全な主観でここからは書いていきます。
まぁいうなら個人の体験記です。

私は通信講座を受けて、2級建築施工管理に合格したのですが、
買ったのは、CIC(日本建設情報センター)です。
CICを買ったキッカケ、合格までの道のりをお話しします。

CICを買ったキッカケ

正直にいうと、あまり覚えていません。
というのも、安い市販の参考書ではないので、
通信講座に質の低いものはないだろう、と思ってました。

なので、「2級建築施工管理技士 通信講座」って検索して、
上位にある通信講座をそのまま買いました。
ビックリするぐらいの金額でもないですし。
(建築士なら20万円をざらに超えます)

結果的に、勉強も継続して合格までいけたので、
判断は間違ってなかった。(ラッキーですが)
本当ならちゃんと比較して購入するのが、当然良いです。

CICを使った感想

2級建築施工管理技士,DVD

CICの教材で、学科実地とも問題なく対応できました。
最悪、「市販の教材を買いたそうかな?」
と思ってましたが、そんな心配いらなかったですね。

学科教材

  1. 過去問を解く
  2. わからない箇所がみつかる
  3. 参考書を読む
  4. DVDを聞く

基本的に、この繰り返しでオッケーです。

まず、学科は繰り返し過去問を解きました。
で、わからない点を参考書を読んで、
DVDで講師の解説を淡々と聞いてましたね。

あくまでも、参考書とDVDは補助的な使い方です。
繰り返し読んで聞いてするのが一番ですが、
仕事をしながらだとそんな余裕はないですね。

参考書とDVDも比較的わかりやすかったです。
欲をいえば、DVDは講師の説明のみだった(2017年時点)ので、
できれば、現場の動画とか欲しかったですね。リアリティに欠けます・・。
どうしてもイメージできない点は、YouTubeでカバーしました。

実地教材

  1. 経験記述を自己流で書く
  2. 参考書を参考にして書き直す
  3. 添削してもらう
  4. 訂正して、暗記する
  5. 論文以外は、工程表だけ丁寧に覚える

流れとしては、こんな感じです。
やっぱりネックは、経験記述の作文ですね。
自分の体験を書くので、完全なコピーは無理ですが、
構成は参考書を、ほぼパクリでいけます。

私が買ったのは、添削サービスもついてました。
添削はかなり的確に赤ペンを入れてくれます。
最初は「郵送するの面倒だし、添削してもらわなくてもいいか」、と思ってましたが、
添削してもらうと結構ダメ出しを書かれてましたね。

作文は主観で書いてしまうと致命的です。
客観的な視点でみると、「これ文章になってないな」
ということもあり得ます。(完全に私のこと)

まとめ

通信講座の体験記でしたが、結構あっさりした感想になりました。
というのも、教材はあくまでもツールです。
どれだけ良い教材でも、勉強を続けれないと受かりません。

正直いうと、学科だけなら独学でも十分合格できます。
過去問を3回転させたら、6割は普通にとれるな、と思います。
で、問題はやっぱり実地の作文ですね。
添削サービスを受けてなかったら、多分落ちてましたね(笑)

【参考】2級建築施工管理技士、実地の勉強方法【作文攻略が鍵です】

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ