2級建築施工管理技士の勉強時間はどれくらい?

2級建築施工管理技士,勉強時間

2級建築施工管理技士の勉強時間はどれくらいか?
それは、どういった目的で合格したいのかで違います。

  • 内容を理解した上で、合格したい
  • 内容を理解しなくても良いから、ただただ合格したい

多くの人は、後者で合格だけ取れれば良い、という人ばかりだと思います。
私も資格試験は合格が全てで、受かれば内容なんてどうでも良いというタイプです。

しかし、実際は勉強してると自然と理解するのが目的になる人がいます。
すろと隅々まで勉強してしまうので、勉強時間はいくらあっても足りません。
そういう人なら、300時間ほどは必要になってしまいます。

毎日1時間勉強したとしても、約10ヶ月の期間が必要です。
2級建築施工管理技士を受ける人の大半が、普段仕事をしながらの受験です。
そんな人が毎日コツコツ1時間勉強をする、というのは継続できるほうが不思議です。

2級建築施工管理技士はコツコツ勉強すれば、必ず合格します。
しかし、それができれば苦労はしません。
だからこそ、手を抜きます。手を抜いて最小時間で合格を目指しましょう。

最小時間で合格する3つの方法

ここで目指すは、最小時間で合格する方法です。
短い期間で合格をするのではなく、できるだけ勉強時間を減らして合格をします。
そのために必要なことは、この3つです。

  • 必要な勉強時間を減らす
  • 勉強時間の質を高める
  • 勉強を習慣化する

この3つを実践すれば、300時間も必要ありません。
3分の1の100時間に減らすことも不可能ではないでしょう。

NO.1 必要な勉強時間を減らす

資格試験での勉強は、あくまでも手段です。
例えば、第6感が優れた人であれば、勉強そもそもが必要ないわけです。
学科試験は4つの中から不正解を選ぶ、選択問題です。
正解の確率は25%。元から持ってる知識次第では、50%にもなります。

そう考えると、試験勉強はあくまでも手段だ、と理解できるはずです。
でも多くの人は第6感がそこまで優れるわけではありません。
そこで必要なのが、試験分析です。

試験分析を一言でいうと、無駄な勉強を減らすことです。
2級建築施工管理技士の試験には出題範囲に偏りがあります

ほぼ出ない問題もあれば、毎回出題される問題があります。
当然ながら、ほぼ出ない問題を勉強する必要はありません。
そうすることで、必要な勉強時間を減らすことができます。

具体的には、「構造力学」の分野は出題数が少ないです。
構造力学を理解するまで勉強すると、30時間程は必要です。
この分野を捨てることで、30時間の無駄を削減できます。
他にも分析をすることで、どの分野に集中すれば良いかがわかります。

では、どうやって試験分析をするのか?
それは過去に出題された過去問を解いて、問題傾向のデータをとっていきます。
そうすれば、出題範囲の偏りを把握することができます。

・・・と、そんなことをしていては肝心の勉強時間がもったいない。
正直、そんなことができるのは、学生時代に試験慣れしてきた人だけ。
多くの人は、そんな面倒なことできないし、したくありません。

そこで必要なのが、教材です。
質の良い教材は出題範囲をすでに分析してくれてます。
なので、その教材通りに勉強すれば合格できます。
通信講座がお薦めですが、市販でもまれに良い教材があります。

【参考】2級建築施工管理技士、おすすめの参考書&テキスト

勉強時間の質を高める

必要な勉強時間を減らしたら、勉強の質をあげていきます。
では、一つ質問です。
どちらの方が、効率よく学習効果を高めれるでしょうか?

  • 5日間で30時間勉強する
  • 30日間で30時間勉強する

前者は1日当たり6時間の勉強です。
後者は1日当たり1時間の勉強をします。

どちらが効率よく学習できるか?
答えは、後者の30日間で30時間勉強する、です。

単純に集中時間の問題もありますが、
根本的に日数をかけたほうが学習効果はあがります。
理由は、知識は睡眠してる間に記憶されるからです。

ですので、日数はできるだけ掛けて勉強するのをお薦めします。
最短期間で合格を目指す人以外は、1日の勉強時間を30分から1時間の間にしましょう。

勉強を習慣化する

これは勉強の質を高めることに、とても関係があります。
知識は繰り返し触れることで、身につきます。
一回聞いただけで覚えれる、という人はごく少数です。

ですので、必然的に何度も繰り返して勉強する必要があります。
それなのに、勉強期間を空けてしまう非常に効率が悪いです。
なので、勉強は必ず毎日やりましょう。

毎日、と聞くとハードルが高く感じますが、疲れてるときは1日1分でも構いません。
どれだけ仕事が忙しいときでも、1分だけは勉強しましょう。

これはよく例えられる歯磨きと一緒で、毎日することで習慣化されます。
毎日しないと気持ち悪い、勉強もそういう状態にしましょう。

【参考】資格勉強が続かない。理由と対策とは?

まとめ

最小時間で勉強する3つの方法はこれです。

  • 必要な勉強時間を減らす
  • 勉強時間の質を高める
  • 勉強を習慣化する

この中でも1番重要なのが、必要な勉強時間を減らすことです。
いくら勉強の質をあげても、必要な勉強時間が多ければあまり意味はありません。
試験分析は、1番手間をかけても損はありません。

【参考】2級建築施工管理技士の勉強方法、合格のコツ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ