インテリアの資格一覧

インテリアの資格一覧

インテリア、と一言でいっても内容はさまざま。
壁紙や床材、照明にカーテン、そして家具・・・。
実際、インテリア資格で一番有名な「インテリアコーディネーター」は、
悪い言い方をすれば、知識として「広いけど浅い」内容です。

なので、より経験を積むと、専門知識をより深く勉強する必要があるんですね。
だから、かなりマイナーでニッチな関連資格も多いです。
ここでは、インテリア初級者のために資格についてお話しします。

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー

この2つがインテリアで、認知度の高いメジャーな資格です。
現実的には、この2つのどちらかを目指しつつ、
より方向性が決まれば、専門知識を深く勉強するのがお薦めです。

では、順番にお話ししていきます。

インテリアコーディネーター

インテリアの資格で一番人気があり認知度があります。
ですが、国家資格ではありません。
5年ごとに更新が必要、といったネックがあります。

内容は、一次(学科)と二次(論文、製図)があり、
合格率は22%前後とかなり難しいです。
出題範囲もインテリアから建築とかなり幅広いです。

なので、知識として勉強するなら最適ですが、
どうしても転職するのに1回で受かりたい!
というケースなら、かなり必死に勉強が必要です。

【参考】インテリアコーディネーターの勉強方法、合格のコツ

インテリアプランナー

一般的な認知度は高くありませんが、国家資格です。
内容は、学科と製図に分かれています。
合格率は30%前後とインテリアコーディネーターよりも少し簡単ですね・・
といいたいところですが、そう単純な話ではありません。

まず学科に関しては、インテリアプランナーのほうが簡単です。
6割正解すればよく、合格率も60%近くあります。

ですが、製図に関しては、インテリアプランナーのほうが難しいです。
平面図に立面図、パースまでありますからね。
製図の合格率は、25%前後と5人に1人しか受かりません。

製図受験には、実務経験がいるので、
未経験者は必然的にインテリアコーディネーターになりますね。

その他のインテリア資格

この2つの資格、どちらともインテリアから建築と幅広く学べます。
なので、どちらかが受かれば、より専門的に学んでいきましょう。
他のインテリア関連だと、これだけあります。

コーディネート系

  • キッチンスペシャリスト
  • リビングスタイリスト
  • 壁紙スペシャリスト
  • 窓装飾プランナー
  • ファブリックスペシャリスト
  • インテリア家具コンシェルジュ

壁紙やカーテン、家具の選び方をさらに勉強できる資格。
実践を積むごとに知識が足りないを実感します。
そのときには、こんな資格があったな、と思い出してくださいね。

カラー系

  • 色彩検定
  • カラーコーディネーター

色の基本的な知識が知っていれば、かなり応用が利きます。
インテリアだけでなく、服選びにも使えますしね。

ライフスタイル系

  • 整理収納アドバイザー
  • 猫との住まいアドバイザー
  • リフォームスタイリスト
  • ライティングプランナー
  • 福祉住環境コーディネーター
  • エクステリアコーディネーター
  • アロマテラピー検定

インテリアは、お客さんの生活をヒアリングしますからね。
こんなことまで!?という知識があると信頼されますよ。

まとめ

従来のインテリアコーディネーターを目指すなら、

  • インテリアコーディネーター
  • 興味がある専門資格

という組み合わせがお薦めです。
建築の設計に近いポジションを目指すなら、

  • インテリアプランナー
  • 建築士

といった、組み合わせもいいですね。
キャリアを重ねるごとに勉強は必要なので、
自然と資格が増えていく人も沢山います。

興味の向くまま、色んな知識を獲得していきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ