インテリアコーディネーターは国家資格ですか?

インテリアコーディネーターは国家資格ですか?
よく聞かれる質問の一つです。
答えは、国家資格ではありません。
いわゆる、民間資格と呼ばれるものです。

民間資格と聞くと、あまり有効な資格ではないかな、とも感じます。
しかし、運営しているインテリア産業協会は、一般の企業ではありません。

公益社団法人といって、普通の営利目的企業と違い、
公益事業を主に目的としている法人です。

国や都道府県に対して公益認定申請をして、受理されないと設立できません。
なので、資格の信用という面では安心できます。

というのも、資格の価値は、相対的な評価で決まります。
多くの人が価値を感じるから、その資格は価値があるのです。
例えば、お金も一緒ですね。

資格の価値は相対評価です

日本円に価値があると思うから、価値がでるのです。
最近だと仮想通貨も急激に価値を高めましたね。
皆が価値があると思うから、値段は高騰し、
価値がないと判断されたから値段が下がっていったのです。

話を戻すと、インテリアコーディネーターという資格は価値があるでしょうか?
資格講座で認知度のあるユーキャンのサイトを見ると、人気資格TOP30以内に入っています。
日本の資格は1000以上あるらしいので、上位3%以内という計算になります。

もちろん、これが完全に正しい順位ではないと思います。
とはいえ、マイナーな資格ではないとわかります。

資格をとるには、それなりの勉強時間が必要です。
大事な時間を投資してまで欲しい資格か、と判断するのに認知度は大切な要素です。

国家資格、という万人が安心する資格ではありませんが、
民間の中でも認知度が高い、安心できる資格といえるでしょう。

【参考】インテリアコーディネーターの勉強方法、合格のコツ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ