資格勉強、モチベーションに頼ると失敗する

モチベーションがないと、やる気がでない。
やる気がないから、勉強が続かない。

やはり、「資格の勉強にはモチベーションが必要だ!」
と思い、どうすれば、やる気がでるのか?
モチベーションは上がるのか?と考えます。

しかし、考えるべきことは、モチベーションがなくても勉強する仕組みです。
なぜなら、モチベーションを自分の意志でコントロールすることは不可能だからです。

スポンサードリンク

モチベーションはコントロールできない

「資格を受けよう!」という最初の状態は誰もがモチベーションは高いです。
でも、そのモチベーションも時間経過とともに下がっていきます。
「このままでは問題だ!」と気分転換にカラオケでも遊びにいきます。
そのあと、よく遊んだ!もう一回頑張ろう!とモチベーションが上がります。

これは、ほんの一例です。
人によっては、モチベーションの上がり方、下がり方に違いがあるでしょう。
でも、共通するのは、何かしらの状態になったときに、
結果としてモチベーションが上下していきます。

つまり、行動自体は自分でコントロールできますが、
モチベーション自体は自分ではコントロールできない、ということです。

さらには、どんな行動がモチベーションに影響するかは、
人それぞれ違いがあるし、時と場合とでも違ってきます。

ここでは、モチベーションは意識的にコントロールできない
ということを理解しておきましょう。

モチベーションに頼らない仕組みとは

モチベーションに頼らない仕組みは、
色んな場所で使われています。

サラリーマンもそうですよね。
月曜日から金曜日まで、どれだけ疲れてても、
二日酔いの状態でも、朝8時には出社しています。

ダイエットで有名なライザップでもそうです。
コーチが管理することで、どれだけ怠慢な人でも、
3ヵ月で痩せることができます。

この2つの仕組みの共通点は、他人との約束、です。
他人との約束は、社会人であれば常識的に守ることができます。
しかし、自分との約束は誰もが自分に甘くなります

  • ダイエット
  • ランニング
  • 筋トレ
  • 資格勉強
  • 早寝早起き

これらは、誰もが3日坊主を経験しているでしょう。
それぐらい、しんどいことは誰もが継続するのは難しいのです。

逆にいうと、自分との約束に頼らない仕組みがあれば資格勉強も継続できます。
モチベーションなんて必要ありません。
必要な勉強を淡々とこなしていくだけです。

その仕組みが、学校です。
独学で勉強が続かない人には、学校が強制的に勉強できる環境を与えてくれます。

もちろん、学校に通うのが一番手っ取り早いです。
しかし、他にも方法はあります。

友達と決まった時間に図書館で勉強する、というのも一つ
彼氏、彼女に今日はここまで勉強する、と宣言するのもありでしょう。

さらにお薦めなのが、この約束を破ったら罰ゲームというルールをつけること。
友達との勉強を破ったら、晩御飯をおごるでも良いです。
彼氏、彼女に好きなものを買ってあげるでも良い。

「他人との約束&罰ゲーム」、これは行動を確実に実行させやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
モチベーションが必要だ、と思っている人には驚きの話だったかもしれません。
モチーベーションに頼らずに勉強する仕組み
これがあれば普通に勉強は継続できるでしょう。

実は、勉強はやる気がなくても始めたら自然とモチベーションはあがります。
これを心理学用語で、作業興奮といいます。
机の周りを片づけ始めたら、いつのまにか徹底的に掃除をしていた・・
なんてことは良くある話です。

資格勉強もこれと同じです。
やる気がなくても続けて行動すれば、自然とやる気がでます。

やる気がでてから勉強する、なんてことを言ってたら、
試験日まであっという間ですよ。

【参考】資格勉強が続かない。理由と対策とは?

資格の勉強方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ