宅地建物取引士の勉強方法、合格のコツ

宅地建物取引士,勉強方法

宅地建物取引士は、独占業務資格のため給与アップ、転職に有利な資格。
未経験者でも受験可能なので、受験者数も多くいます。
そのため、合格率だけみても純粋な難易度は把握しにくいです。

ここは、試験内容や出題パターンから難易度を考えていきます。
では順番にみていきましょう。

宅地建物取引士の勉強のコツ

宅建の難易度は、比較的高いと言われています。
合格率が15%前後と低いため・・は確かですが、
実際は出題パターンとボーダーラインの高さが要因です。

まずボーダーラインは、7割。
50問中、35問前後は正解が必要です。
6割で合格できる試験もある中、これは比較的高い数字です。

なので、少し勉強したグループ、記念受験組はまず合格できません。
そして出題パターンからしても、勘で正解するのは難しいです。

簡単な問題の場合、「不正解はどれでしょう?」と4択から答えます。
でも、宅建はあらゆるパターンが出題されます。

  • 不正解を選ぶパターン
  • 正解を選ぶパターン
  • 正解がいくつあるか答えるパターン
  • 不正解がいくつあるか答えるパターン

これだけ種類が多いと、読み間違いのエラーミスも増えます。
なので確実に解くべき問題でも、間違う可能性が高いです。
7割で合格の中、イージーミスは大きな痛手。

何年も受験していて、知識がある人でも落ちるのはこういった理由です。
では、出来るだけ効率的に勉強するのに、どういった対策が必要か確認しましょう。

勉強時間は?長期戦か短期戦か?

宅建は、比較的範囲が広く、少し深い出題範囲です。
そのため、完全に理解しようと思えば、長期戦にならざるを得ません。
中には、「3ヵ月で合格した」という人もいますが、
出題パターンを正確に把握し、上手に手抜きできる人なのでしょう。

テスト慣れしてる人以外は、長期戦で挑むべき試験です。
とはいえ、ただ早い時期に勉強しても合格はできません。
試験分析は絶対にしておくべきでしょう。

というのも、まともに勉強すれば深く勉強せざるを得ないからです。
出題範囲の民法は、勉強すればするほど知らない知識も増えていきます。
そうなれば泥沼。勉強地獄から抜け出せません。

なので悪い言い方をすれば、手を抜くことが必要です。
そのためには、要らない勉強は捨てるようにしましょう。
試験分析抜きであれば、一般的に300時間以上の勉強が必要。
しかし、試験分析をすれば、かなりの時間を短縮できます。

質の良い通信講座であれば、精度の高い試験分析をしてくれています。
学校に比べると、金額も半分以下なので費用対効果も良いです。

【参考】資格試験の通信教育・通信講座ならフォーサイト

学校か?通信講座か?独学か?

ポイントは、あなた自身で試験分析ができるのか?です。
テスト慣れしてる人であれば、過去問から出題範囲を分析できます。
そういう人は、独学でも合格は可能です。

ただし、そうでない人であれば、学校か通信講座は必要です。
そして自制心がある人は、通信講座で合格可能。
すぐに楽な方に逃げる人は、学校で強制的に勉強しましょう。

学校に行くべきか?という話題はよく出ますが、
これは人それぞれ向き不向きがあるとしか言えません。
人の話を黙って聞くのが苦手な人は学校に行っても逆効果です。

  • コツコツやるのが得意なのか?
  • 強制的に勉強できる環境が必要なのか?
  • 自分のペースで勉強していきたいのか?

さて、あなたのタイプはどれに当てはまりますか?

【参考】資格勉強が続かない。理由と対策とは?

まとめ

宅建の内容自体は、決して難しくありません。
ですが出題パターンと合格ラインから、単純なミスはできません。
そのため、どうやってテストに取り組むべきか?
といった、勉強の戦略が必要になります。

ある程度知識があるのに、合格しない人はテスト攻略に神経を使いましょう。
未経験者も知識を得ることより、合格することに集中しましょう。
中途半端に真面目な人ほど、合格できないのが宅建です。

【参考】専門知識があっても資格試験に合格できない理由

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ