リフォームプランナーに必要な資格とは?

リフォームプランナーは、企業が考えた肩書きでしかありません。
なので、企業によって必要な資格は違う、というのが大前提です。

とはいえ、リフォームプランナーという肩書きが相手に与える印象は想像できますよね。その印象を裏切らないような仕事をしなくてはいけません。

リフォームアドバイザーという似た肩書もありますが、
それよりかは専門家という立ち位置の印象を受けます。

建築に詳しくて当たり前、リフォームに詳しくて当たり前。
的確にプランニングできて当たり前、という感じです。
アドバイザーのほうが軽い印象に感じますね、主観ですが。

>>> リフォームアドバイザーに必要な資格とは?

スポンサードリンク

リフォームプランナーには何を求められているか?

リフォームプランナーという肩書きには、どんな役割を与えられてるでしょうか?
もし、あなたの理想としているイメージがあるのなら、それが一つの答えです。

  • 自分自身がなりたい役割
  • 会社が求めてる役割

役割には、このように2つあります。
理想を言えば、この2つの内容が一致して欲しいところです。
でも、理想と現実は違います。

この2つが不一致なため、会社を辞めたい、転職したい、という願望も生まれます。
・・・、と話がそれていきそうですね。

本質的には、会社に雇用されてる以上、会社が求めてる役割をまっとうしなければいけません。この会社が求めてる役割は、最初に言ったように会社によって違います。
すべてオールマイティにこなすのであれば、

  • 建築士
  • 施工管理技士
  • インテリアコーディネーター

といった、ハード面、ソフト面の知識が必要です。
しかし、もし営業や現場監督が一緒に仕事をするのであれば、
インテリアコーディネーターだけで良いかもしれません。

リフォームプランナーといいつつ、壁紙の色合わせだけします。
というケースもあるかもしれませんよね。

なので企業に入社するときに、具体的に役割を聞いておけば解決する話なのです。

お薦めの資格とは?

会社が求めてる役割、を抜きにして個人的な意見をお話しします。
リフォームは、お客さんにとって安い買い物ではありません。
なのでそれ相応の知識は持っていて欲しいと思います。

  • 建築士
  • 施工管理技士
  • インテリアコーディネーター

これらの資格は、是非取れるぐらい知識をつけてください。
そうでないと、いくらヒアリングが上手でも、精度の高いプランニングはできません。
ソフト面、ハード面の知識を大量に持ったうえで、提案できるようにしてください。

まとめ

リフォームプランナーは企業の肩書きでしかありません。
なので必要な資格は、企業によって違います。
それでも、お客さんにとっては知識がある人に提案して欲しいものです。

できる限り、知識に貪欲になって資格に挑戦してみましょう。
リフォーム関連の資格はコチラでお話ししています。
沢山あるので、興味のある分野から勉強しましょう。

>>> リフォーム業の資格一覧

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ