資格の難易度とは?

とりたい資格がある場合、試験の難易度は気になるものです。
しかし難易度は、人によって感じ方は違います。
当然ですよね、人それぞれ知識の絶対量が違うのですから。

例えば、三流大学でも建築学科なら二級建築士はそれほど難しくないかもしれません。
その反面、東大出身でも文学部なら難しいと感じるはずです。
頭の良さではなく、資格に必要な知識の絶対量を持っているかどうか?

この視点で見れば、資格の難易度を意識する必要はありません。
単純にその資格に必要な絶対量の有無を判断しましょう。

スポンサードリンク

リフォーム関連の資格難易度

資格の難易度は気にするな、といわれても気になるものです。
例えば、2級建築施工管理技士と宅地建物取引士の比較、はよくある質問です。

率直に言えば、試験出題範囲が基本的に全く違うので比較しようがありません。
とはいえ、問題の形式だけを見れば、単純比較ができます。

>>> 2級建築施工管理技士と宅地建物取引士、どちらが難しい?

このように問題形式の比較という目線でも試験を分析してみましょう。

・・・、と淡々とそんな比較をしても、あまり興味はありませんよね。
ですので、完全に主観的な視点で、試験の難易度をランキングしてみました。
最初にお話しした通り、知識の絶対量に偏りがあるので、これは完全な主観。
エンタメ感覚ぐらいで、ご覧ください。

  • 1級建築士
  • 宅地建物取引士
  • インテリアコーディネーター
  • 1級建築施工管理技士
  • 2級建築士
  • 2級建築施工管理技士

人気のある資格を厳選して並べてみました。
恐らく、この並びに疑問を感じるかと思います。
このように、個々で知識の絶対量が違い、偏りもあります。
なので、個々のランキングが違うのは当然なのです。

一応、このランキングについて説明します。
私の考えとしては、必要な知識の絶対量は勉強して当然と考えています。
なので、出題範囲が広いという理由で難易度を上位にはしません。

それよりかは、相対評価で合否が決まる資格を上位にしています。
それが、宅地建物取引士、インテリアコーディネーターです。
宅地建物取引士の場合、合格率は15%前後です。
つまり、どれだけ点数が高くても、上位15%に入らなければ合格できません。

2018年度の宅建試験では、合格点が37点でした。
例年、35点前後であったのに、過去最高点を記録したのです。
これは試験内容が簡単だったという側面もありますが、
高い点数をとった優秀な受験生が多かったという見方もできます。

何点以上であれば合格です、という絶対評価のほうが資格対策もしやすい。
というのが私の考えのため、上記のランキングになっています。

まとめ

資格の難易度、なんてのは参考程度にしかなりません。
気休めのエンタメ気分で、難易度比較をしてみましょう。
その結果、資格コレクターになってしまった!というのもアリかもしれません。

資格がないよりはあるほうが当然メリットがあります。
人生を有利に進めるためにも資格取得に挑戦してみましょう!

>>> 資格取得、3つのメリット

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ