赤字経営!広告費の無駄遣いが原因!?

事業の運営には資金が必要です。
組織をつくるだけで、固定費は月100万を超えます。
仕事をとってくるための広告費もバカにはなりません。

しかし、資金があれば事業は成功する・・・
という訳ではありません。

実際、大手企業の赤字転落はよく目にします。
私たち中小企業も同じ、資金があっても潰れるときは一瞬です。
だから、お金の使い方をしっかり覚えなければいけません。

私が気になるのは、資金の無駄遣い・・
それも、広告費の無駄遣いをしている会社が沢山あります。
この質問に答えれなければ、あなたの広告費は無駄金かもしれません。

「その広告費は、いくらの利益を生み出しますか??」

これに答えることが出来るのは当たり前のことです。
いくら利益がでるかわからないのに、投資をするのは博打と一緒。

しかし、ビジネスは博打と違います。
数値を計測し改善すれば、予定が形になるのがビジネスです。

30万が100万になる。
50万が200万になる。
そういう根拠がなければ本来投資はできません。

しかし偶然でも上手くいくと、チラシを出せば反応はあるだろう!
と、楽観的に判断してしまいます。

安定して継続発展するには、これではいけません。
今回のチラシで、どれだけの利益が上がるのか??
これを自問自答しましょう。

費用対効果の計測方法

いくら利益が上がるのか??
これは、知識がなければ考えてもわかりません。

どういう風に計測をするのか説明していきます。
まずは基本からです。
この公式を頭に入れましょう。

売上=契約数×客単価×リピート率

まずは、いつまでに売上がいくら欲しいのかを考えます。

例えば、1年後に500万円の利益が欲しいとします。
その次は客単価です。

客単価は今までの契約分を計算すれば数値化できます。
これが一件当たり平均で30万円だとしましょう。

次はリピート率です。
1年後とリフォームでは短いスパンなので数値は低いと思います。
10人に2人がリピートすると考えます。

そうすると、30×1.2倍=36万円
500万を36万円で割ると、13.8.
つまり14人のお客さんが必要になります。

その14人のお客さんを生み出すのに、
いくら投資が必要ですか??

7000枚に1人反応があり、契約率が50%だとしたら、
約20万枚のチラシが必要です。

1枚4円で計算すると、80万円の投資になります。

この投資で1年間運営ができるのか??
もし不可能なら、それぞれの数値を高めていきましょう。

簡単に説明しましたが、もっと細かく計測をして
精度を高めていくのが必要です。

広告費をドブに捨てるかどうかは、社長次第といえます。

コメントを残す

このページの先頭へ