利益商品で軌道に乗ろう!

「会社が軌道にのった!」
初めてそう言える状態になるには、
利益商品が売れるような流れが必要です。

利益商品はバックエンドともいわれる、
既存顧客に販売する利益の高い商品のこと。

もちろん新規顧客に売る場合もありますが、
基本的に利益商品は高額商品の場合が多い。

リフォームでいうと、キッチンやお風呂、
屋根や外壁といった商品のことです。

これらの商品を初回から売ることは当然可能だが、
競合他社が増え、顧客の目もシビアになった今、
高額商品をいきなり売るのは難しくなってきました。

そのため必要になるのが、集客商品です。
集客商品で効率的にお客を集め、信頼関係を築きます。
すると、あなたが売りたい利益商品を売りやすくなります。

だから集客商品があればお客さんの数を増やすことができる。
しかし、それらのお客さんに利益商品を売らなければ、
お客さんを集めた意味はないのです。

だから、利益商品(バックエンド)を売りましょう。
利益商品は、人間関係を作っているお客さんに売るので
実はハードルはそんなに高くありません。

しかし確実に利益商品を売るには、それなりの対策が必要です。
まずは比較されにくくすること。
リフォームのチラシをみればわかるように、
お風呂やキッチンも安売りしている業者は多い。

だからただ単に、キッチン、風呂を売っても、
他社のほうが安いのでは?と他社に流れてしまう。

だから必ず、お得く感を出す必要があります。
それはお得意様にだけできるサービスと、
お客さんに優越感を感じてもらうような商品です。

美容院などでは、新規顧客ほど得をし、
リピートすればするほど損するケースが多い。

携帯電話も同じですよね?
他社に乗り換えたほうが得、というのは誰もが知っています。

不思議ですよね?お得意様のほうが損をするって。
だから、あなたのお客さんには得をしてもらいましょう。
得した!と感じられるサービスをつくりましょう。

それはお客さんと深い関係を結んでいる、あなたの仕事です。
一度、真剣に考えてみよう。

コメントを残す

このページの先頭へ