売れない商品だと契約はできない

営業マン

あなたが経営者なら一度はこんなセリフを言ったことがあるでしょう。
「なんで契約できないんだ!」

部下を雇うと、全て優秀な営業マンばかりではありません。
だから全ての案件で契約なんて無理なんですよね。

でも、契約率をあげないと赤字経営になってしまう・・・
そんなとき、数字をあげない部下に対して腹が立ちます。

しかし、優秀じゃない部下を雇ったのはあなたです。
責任は当然、あなたにあるんです。

そこは、部下のセールスを疑う前に、
あなたのマーケティングを疑いましょう。

部下の営業力は実際にあなたは知っているはずです。
なぜなら、あなた自身が優秀な営業マンであるから、
部下の営業スキルは明確にわかるでしょう。

その営業スキルで契約できない、
その状況をなんとか改善しましょう。

まずは売っている商品が売れる商品なのか?ということです。
リフォームの場合、基本的にはメーカーの商品を売っているので
売れない商品・・・っていうのはあり得ないと思います。

しかし、商品には金額が付随します。
売っている商品はお買い得な商品なのか?
という確認をしましょう。

どれだけ良い商品でも、初めて会うお客さん、
信用がない状態では良いオファーでないと契約は難しいです。

あなた自身なら契約できるかもしれません。
しかし、全ての部下が優秀ではない・・・
ならば、あなたの部下でも契約できる条件をつくりましょう。

圧倒的なオファー、契約しないとバカでしょう。
そういう特別なオファーをつくるが、契約率を上げるポイントです。

コメントを残す

このページの先頭へ