【徹底解説】リフォーム会社の集客方法

リフォーム集客,マーケティング
  • 下請けから脱却したい
  • 自社で顧客を集めたい

リフォームのスキルがあっても、集客できるかは別の問題ですよね。
ここでは、リフォーム会社の集客方法について説明していきます。

まず最初にいっておくと、ここで触れるのは基本的な内容のみです。
目的が利益を上げることであれば、集客は一部の側面でしかないんですよね。
集客できれば利益があがる、というほど単純な話ではありません。

ですが、まずは集客をしないと見えてない視点もあります。
その最初の段階として、集客手段の一部をお話ししていきます。

スポンサードリンク

リフォーム集客の媒体

顧客を集めるには、まず顧客に会社の存在を知ってもらわないといけません。
その手段として、あらゆる媒体、メディアを利用します。
メディアは、色んな種類があるので正直ここで全てを解説はできません。

以前は、新聞がメジャーであったように、メディアの流行り廃りは激しいです。
ここで重要なのは、自社にとって有効なメディアは常に探し続ける、という意識です。

脱線しそうなので話を戻すと、ここでは良く使われるメディアの説明をします。
多くのリフォーム会社は、これらのメディアを有効活用して顧客を集めています。

  • Webサイト
  • チラシ
  • イベント

それでは順番に解説していきます。

Webサイト

ここで説明するWebサイトは、ホームページのことです。
ネット検索して、ホームページに辿り着き、問い合わせがくる、という流れです。
この話を深堀りすると、本を何冊も読みこむレベルになります。

なので良く聞かれる点だけを説明していきます。
多くの人がネットで集客したい理由は、「お金を掛けたくない」からです。
最初に否定しておくと「集客はお金を掛けるべき」というのが私の意見です。

お金を掛けない、というのは時間を掛けることを意味します。
なので「時間を節約するために、お金を掛けるべきだよね。」と行きつきます。
ですが実践して、初めてようやく理解できるのも事実です。

なのでまずは「お金を掛けずに集客する方法」についてお話しします。
具体的には、サイトに記事をつくり、検索から集客するSEOといわれる方法です。

詳細はこちらで解説しています。
【参考】リフォーム集客、Webサイトで顧客を集める

チラシ

ここでいうチラシとは、新聞の間に入っている広告チラシのことです。
昔からよくある手法なので、イメージもしやすいですよね。

新聞の発行部数が減ってるので、一見廃れた集客方法にも感じます。
ですが、集客方法としては現時点でも有効で、知名度の高い会社も利用しています。

ネットが主流なのに、なぜ新聞チラシなのか。
チラシは損切りして、ネットに移行したほうが良いのでは?
と思うかもしれませんが、その意見は表面部分しか見れていません。

チラシはあくまでも媒体であり、本質を理解すれば上手に活用できます。
逆に本質を理解していなければ、どのメディアも上手くいきません。
たとえ上手くいっても、時代の変化についていくのは難しいですよ。

詳細はこちらで解説しています。
【参考】リフォーム集客、チラシで顧客を集める

イベント

イベントは会場を借りて、相談会や展示会を実地します。
ある程度、規模の大きいリフォーム会社なら利用してる集客方法です。
なぜ大手が利用してるのかというと、集客効果が高いからですね。

イベント集客は、高単価の顧客を集めるのに最適です。
会社の売上を伸ばすには、高単価の顧客を集めれるか、が鍵を握ります。
なので、イベント集客を上手く活用できると間違いなく業績が伸びます。

ですがイベント集客は、基本的に単独では成果はでません。
先ほど説明したチラシ、Webサイトも組み合わせて集客をします。
当然ですが、イベントを開催してることを伝えないと顧客は来ないですからね。

イベント集客をする前に、最低でもチラシ集客を理解しておきましょう。
イベントを成功させる鍵は、まず顧客を集めることから始まります。

詳細はこちらで解説しています。
【参考】リフォーム集客、イベントで顧客を集める

まとめ

最後にまとめると、

  • 目的は利益拡大、集客は手段の一部でしかない
  • 集客するメディアは時代で移り変わる
  • Webサイト、チラシ、イベントを活用する

という話でした。

表面部分だけを見ず、本質を理解するのが良いですね。
需要が多ければ、他のメディア媒体の解説もしていこうと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ