チラシの分析してますか?

計測と改善

マーケティングはお客さんを増やすために必要です。
その中でもチラシは手軽にできる有効な手段。

しかし、チラシでお客さんを沢山集める会社がある反面、
まったく反応がない、広告費が無駄金、という会社もあります。

この両者の決定的な違いは、チラシを研究しているかどうかです。
チラシはただ撒けばよい訳ではりありません。

新聞に折り込まれるチラシは、あなたのチラシだけじゃない。
リフォームのチラシだけでも5,6枚入ってるときもあります。

その中で一番を取らないといけません。
”ナンバーワンにならなくて良い、オンリーワンで良い”
なんてチラシには当てはまりません。

必要なのは、チラシを折り込むライバル達より優れたチラシにすること。
そのためには、他社のチラシを研究する必要があります。

見るところはたった一つで良いです。
それは、「金額」です。

多くの人は、まず金額を気にします。
これは、自分がお客さんの立場になればわかりますよね??

他社よりも安い金額でチラシをつくる。
それだけで反応率は高くなります。

本当はデザインやメッセージ、訴求ポイントなど見るべき点は沢山あります。
しかし、まずは金額のみでも構いません。

チラシは劇的に変えても、逆効果です。
なぜ反応が良くなったのか?
これをあなた自身が把握しなければいけません。

チラシは計測、改善、計測、改善・・
これの繰り返しです。

これをいかに誰よりも早く回すことで、市場の優位性を保てます。
これは口で言うのは簡単ですが、実行するのは難しいです。

しかし、これがマーケティングの現実です。
出来る範囲でマーケティングを実行していきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ