集客商品でビジネスが始まる!

あなたは集客商品を持っているだろうか?
なにそれ?って思った人はすぐにつくろう。

集客商品は、その名の通り集客するための商品です。。
言い換えると「人を集めるためのエサ」といっても良いでしょう。

お客さんの立場になった場合、初めて取引する業者は怖いもの。
リフォームのような形がないものであれば当然。

よほどお得な条件がないと買う理由がないのです。
そのお得な条件が集客商品、フロントエンドです。

このフロントエンドが強烈なオファーであればあるほど、
広告の反応率、契約率は間違いなく上がる。

例えば、トイレの交換。
通常の良くある値引き、半額とかで顧客はなびくでしょうか?
それが「モニターキャンペーン中のため、商品代無料!」だとどうですか?

トイレを新しくしたい人なら高い確率で反応するでしょう。
でも、「そんな条件で契約したら経営は成り立たないよ!」
と、当然なると思います。

このフロントエンドはあくまでも「エサ」ということを忘れてはいけない。
リフォームはその場で、追加提案することができる。
追加提案に失敗したとしても、新たなリストができるので、
今後の追客がしやすくなるだろう。

あくまでも、集客商品はコアなファンを増やすためのエサ
これで信用と信頼が築ければ、長い目で見れば利益は確保できます

このフロントエンドの条件は、会社の経営状況や競合によって変わります。
それほど競合が強くないのに、強い条件を提示する必要はないし、
強すぎる条件で経営がもたないなら、条件を強くすることは不可能です。

しかしビジネスの世界では、時間が経過すればするほど、
競合が増えるし商品もコモディティ化していきます。

つまり、強烈なオファーを持つフロントエンドで、
新規顧客の取り合いになる時期は来るでしょう。

そのときが来るまでに、他社に競り勝てる強みを作っておきましょう。
それが集客商品、フロントエンドの役割です。

(参考:利益商品で軌道に乗ろう!

コメントを残す

このページの先頭へ