SEO対策、カテゴリー分けを綺麗にしよう

SEO対策の内部対策において、重要なのはキーワード選定です。
地域密着型のリフォーム経営では、キーワード対策のみで、
上位表示は十分可能なケースが多いです。

しかし、キーワードの競合が増えると、
当然SEOに力を入れている業者が勝ちます。

だから次に気をつけたいのが、カテゴリー分けです。
カテゴリー分けをするとユーザービリティを良くなります。

そして、カテゴリーの中にある単独記事がそれぞれアクセスを集めると、
カテゴリーワード自体もSEOで上位表示されやすくなります。

そしてサイトのタイトルに含まれる、ビックワードでも上位表示されるというカラクリです。
SEO対策はグーグルアルゴリズムによって方法は変わってきますが、
このカテゴリー分けはユーザビリティも良いので、普遍的なやり方といっても良いでしょう。

具体的に説明すると、

サイトタイトルが、「渋谷区リフォーム | シブリフォ」
(※シブリフォが会社名とします。恐らくないよね、この会社名・・)

そしてカテゴリーが「内装リフォーム | 渋谷区リフォームのシブリフォ」です。

単独記事が「クロスの汚れを落とすには? | 渋谷区リフォームのシブリフォ」

これで、上位表示されやすいキーワードは、
「渋谷区 リフォーム クロス 汚れ」だとします。
ロングテールキーワードで競合がいないので上位表示されますよね?

仮にこれでアクセスが集まると、カテゴリーに含まれるキーワード、
「渋谷区 内装リフォーム」も上位表示されます。

そして結果的に、狙っていた「渋谷区 リフォーム」でも上位表示されるというカラクリです。

つまり、このカテゴリー分けを上手くしていないと、
せっかく集めたアクセスを利用できずに終わってしまうのです。

もし、ロングテールでアクセスを集めてるけど、
なかなかメインキーワードで上位表示されない場合は、
カテゴリー分けを整頓してみましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ