SEO対策、ホームページを外注する?

ホームページをつくる目的はなんでしょう?
おそらく、「集客のため!」と答える人もいるでしょう。

しかし、形だけ・・ホームページをつくる人もいます。
ほぼ無意味ですが、ホームページがないと信用されない。
口座が作れない、とか理由は色々あります。

その場合は、外注でサイトを作っても良いでしょう。
しかし集客するためのサイトなら外注はあまりお薦めできません。

理由はひとつ、SEO集客には時間がかかるからです。
ビックワードで上位表示すると、アクセスは確かに集まります。
しかし、SEO業者のアクセスの集め方は基本は相互リンクです。

相互リンクは、サイト間でリンクを飛ばすことで上位表示されます。
しかし、これの効果が強かったのは一昔前の話です。
今は相互リンクと言われる外部対策より、内部対策です。

もちろん、外部対策はまだ効果がありますが、
アルゴリズムの影響を受けやすくペナルティーのリスクもあります。
ならば、内部対策、それもロングテールでアクセスを集めるのが賢明です。

となると、記事を大量に書いてアクセスを集める必要があります。
つまり時間がかかるということです。

これを外注するとどうでしょう?すごくお金がかかります。
無料のSEOで集客したいのに、お金がかかるなら本末転倒です。

幸運なことに、店舗集客のSEOはまだ簡単です。
少し覚えれば誰でもできますし、実は自分達でやったほうが良いんです。

というのも、記事はお客さんのニーズに沿ったものを書かないといけません。
ならばお客さんと直接対面してる、あなたや営業が書くのが理想です。

SEO専門で担当をつけても良いですね。
これをインハウスSEOといいます。

そのほうがニーズに合うのはもちろん、専門的な記事も書けるし、
語彙も増えるのでロングテールでアクセスが集まります。

それでも面倒!という方は外注もアリかもしれません。
でも、安い業者に頼むと効果がないのにペナルティーとかもありえますよ。
高い業者でもロングテールで書いてくれる業者はほとんどないので、
ビックワードでアクセスを集めることになります。

つまり、その外注業者に完全に依存することになります。
経営ではどこかに依存するのはリスクですからね。
SEO集客は自社でやるのが一番ですよ。

コメントを残す

このページの先頭へ