そんなに売上が大事ですか??

年商5億、年商10億、年商30億。
とても良い響きですね。

ニュースや雑誌だと、売上の数字ばかりが目立ちます。
売上が高い、それは高い価値を提供していることです。
本当にすごいことです。

でも高い価値を生む分、責任の重さも人一倍です。
重い責任を持って、売上の高い会社を運営する・・
だから儲かっている、という訳ではありません。

わかりますよね??
大事なのは利益です。

売上をあげて、人一倍働いても利益が少なければ、
収入が増える訳ではないのです。

もし労働時間を減らして収入を増やすなら、利益に執着しましょう。

やみくも売上を追う・・・
そんな経営は間違いなく破綻します。
未来を予想すればわかりますよね??

強い競合はどんどんと増えている。
日本人の人口は減ってきている。
新築のレベルも高くなって、メンテナンスコストも少なくなる。

需要と供給のバランスを見れば、
売上を上げ続けるのは至難の業ですよね??

ならば、利益を上げる工夫が必要です。
どうすれば、少ないコストで高い価値を提供できるか??
これを考えるのが社長の仕事です。

・・・
とはいえ、机の前に座っているだけじゃ思いつきません。
必要なのはリサーチです。

お客さんは何を求めているのか、
今すぐお客さんと話をしてみましょう。
そんなことに価値があるのか!と驚く情報が手に入ります。

他社がやってないサービスはないか、
ホームページやチラシを見て競合を調べましょう。
コストがかからず、生み出せるサービスがあるかもしれません。

あなたが扱っている商品に隠れたメリットがないか、
カタログを読んで勉強してみましょう。
新しい切り口を伝えるだけで、高い価値を生み出します。

結構、やれることは山ほどありますよ。
マーケティングリサーチは利益を生む大切な仕事です。

コメントを残す

このページの先頭へ