目標をたてるのは意味があるか?

ビジネスをしていたら必ずするのが目標を作ることです。
自分で起業をするってことは目標がないとしませんからね。
そのときに作るのが、数値目標

売上1000万円、粗利500万円とかの数値目標ですね。
恐らくサラリーマンをしてたときから、数値目標があったでしょう。
だから自然と何も考えず目標をたててると思います。

では果たしてこの目標をつくる意味はあるのか?

  • 目標があっても達成しない。
  • どうせ計画倒れになる。
  • 目標が変なプレッシャーになる。

そんな人もいるでしょうね。

私の結論としては、数値目標をつくるのは賛成です。
理由はやる気がでるからとか漠然としたことではありません。
数値目標をつくると必然的に行動目標をたてるからです。

数値を達成するには、当然ながら行動が必要です。
その行動が具体的にならないと、行動しようがないですから。
その行動は自分でコントロールできる範囲です。

かたや、成果目標はどれだけ頑張っても他人に影響されますからね。
どれだけ訪問件数を増やしても1円も売上が上がらないことありますから。
行動目標は自分の意思でできるので、達成しなかったらあなたの責任です。

つまり、自分のする行動に集中できるんですね。
これをしても売上があがらないんじゃないか?
やってることは無駄じゃないか?

そんな不安も頭によぎりますが、行動目標をつくったら
その後は自分がプレイヤーになるだけです。

一番ダメなのが数値目標しか作らないことですね。
今までの経験のみでただ漠然と行動する・・
以外とそんな人多いんですよ。

でもそういう人に限って、仕事に集中できてません。
経営者をしてると色んな儲け話がでますからね。
その儲け話に流れると、無駄な時間を浪費するケースが多いです。

もし、行動目標に集中していたら??
間違いなく行動の精度はあがりますし、
スキル自体も身についていきます。

そうしたら最初は達成しなかった成果目標も、少しづつ成果がでてきます。
つまり、時間を掛ければ必ず成果がでる。
成果を出す一番のコツは、成果がでるまで諦めないことですからね。

PS.
行動目標の作り方が下手なら効果は半減します。
でも、行動目標の作り方も上手くなりますからね。
結局は諦めなかったら成果はでるんですよ。

コメントを残す

このページの先頭へ