インテリアコーディネーター求人、未経験でも受かるのか

結論をいえば、未経験でも採用されます。
とはいえ、求人の量でいえば少ないのが現実です。

これは、需要供給の関係を考えれば理解できます。
インテリアコーディネーターは、人気のある職業です。
実際は違いますが、華やかな仕事と思ってる女性は多いです。
インテリアが好きだから、と転職したい人も多いです。

だから供給側は、十分に足りてるんですね。
安い給料でも良いから採用してほしい!という人も沢山います。

で、需要側はどうでしょう?
インテリアコーディネートをして、何万円もお金をくれる。
そんな羽振りの良いお客さんの割合はそんなに多くありません。

あなたは自分の部屋をプロにコーディネートして欲しいですか?
もちろん、タダなら歓迎!お金はちょっと・・
という人がどう考えても多いでしょう。
世の中はバブルがはじけて不景気です。

スポンサードリンク

インテリアコーディネーターはどんな需要があるか?

ということで、需要側はそれほど多くありません。
数少ないパイを、大勢が奪い合う状態です。
未経験者がおいそれと採用されるほど簡単ではない、
というのが厳しいですが現実です。

であれば、少しでもインテリアに関係のある仕事につく、
というのが一つの手段です。
そこで経験を積めば、いずれ理想の職場に近づけます。

インテリアといえば、家具や装飾ですが、
より広げると壁紙や床の色も関係します。

  • 新築プランナー
  • リフォームプランナー
  • メーカーショールームレディ

このあたりが、採用としては現実的です。
広い意味でのインテリアコーディネートですからね。

未経験で採用されるコツとしては、

  • 希望のハードルをできるだけ下げる
  • ステップアップの手段として考える

この2つですね。
目先の欲が強すぎると、就職活動は失敗します。
できるだけ長期目線でコツコツとスキルアップしましょう!

まとめ

  • 未経験でもインテリアコーディネーターの求人はある
  • 求人数は少ないため、経験者が有利
  • スキルを上げる目的で、少しでも関係ある仕事につく

就職活動は、みずものです。
偶然にも条件の良い案件が流れるときもあれば、
どれだけスキルがあっても求人がないときもあります。
あまり考えずに軽い気持ちで、就職活動に挑みましょうね。

PS.資格はあると有利ですが、大事なのはスキルです。
図面はもちろん、パース作成ができると重宝されますよ。
【参考】建築図面、パース作成ソフトの種類

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ