リフォームプランナーの求人は多いのか?

リフォームプランナーの求人は、現時点で結構あります。
近い職種のインテリアコーディネーターよりも多いですね。
つまり、インテリアコーディネーターよりも、

  • 供給が少ない
  • 需要が多い

という事実があります。
供給が少ない、というのはなりたい人が少ないということ。
プランナーと聞けば華やかな響きですが、泥臭い仕事です。
数か月働いて退職、なんてのはよくあるのでしょう。

そもそもインテリアコーディネーターのほうが、
一般的に知名度が高いですからね。
では、需要が多い、というのはどういうことか。

リフォームプランナーの需要とは

需要が多い、というのもインテリアコーディネーターと比べてのこと。
単純にインテリアをプロにコーディネートしてほしい!
という人よりリフォームをプロにお願いしたい!
というのが多いでしょう。

インテリアは、自分でもできますが、
リフォームでDIYなんて、網戸の張替えぐらいが関の山です。
間取り変更とかになるとプロに依頼するのが普通です。

インテリアコーディネーターと比較してますが、
そもそもが全然違う職種です。
なので、求人の量が違うのも当然なんですね。

で、求人が多い、というのは素直に喜んではいけません。
なぜなら、離職率が高い、という側面もあるからです。

リフォームプランナーきつい仕事

最初に言いました、リフォームプランナーは泥臭い仕事です。
きつい仕事かどうかは、主観によりますが、
まぁ楽な仕事ではない、とだけ言っておきます。

【参考】リフォームプランナーの仕事内容とは

求人のページをみれば、まぁ楽しそうな仕事環境に見えますよね。
でも、それが本当に楽しい仕事、なんて少数です。

多くの人は、きつい仕事でも生活のため嫌々やってます。
でもそれだと続かないので、無意識的に楽しさを見つけます。

なので、リフォームプランナーはきつい仕事ですが、
働いて何年かすれば、楽しめるようになります。
これはどの仕事でも一緒です。

継続できる人は、その仕事に楽しさを見つけるのが上手。
三日坊主の人は、他に楽しさを見つけるのが上手なんですね。

まとめ

リフォームプランナーの求人は、
インテリアコーディネーターに比べると沢山あります。
これは、需要供給が理由ですね。

求人が多い理由の一つが、きつい仕事という側面もあります。
でも、これはほとんどの職業が一緒です。
ようは、それでも働きたいか、という本人の気持ちが大事です。
求人は沢山あるので、安心して就職活動をしましょう!

PS. 採用を勝ち取るには、スキルが何より重要。
プランナーは図面やパース作成ができれば重宝されますよ。
【参考】建築図面、パース作成ソフトの種類

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ