営業マンは見た目が8割!?

「人は見た目が8割」という本を知ってますか?
どれだけ口が達者でも、最初の見た目で8割がた印象が決まるという。
外見に自信がない人は目を塞ぎたくなるような本ですね。

でも、対面営業をする人なら是非読んで欲しい本です。
というのも、外見を良くする工夫せずに営業テクニックを磨く・・
これは、時間の使い方が下手ってことになりますからね。

実際は見た目で全てが決まるわけじゃありませんが、
見た目が良く、トークも良ければ契約率は上がりますからね。
それに営業トークを磨くより、外見を良くするほうが簡単です。

もちろん、顔をカッコよくしたり身長を伸ばせと言われたら無理です。
でもシャツにアイロンをあてる、ヒゲを剃る、靴を磨く。
これらは簡単にできる習慣です。

あなたが雇ってる営業マンは、これらの身だしなみを気にしてますか?
もし汚らしいなぁ、と感じることがあれば注意しましょう。

どれだけあなたのマーケティングが素晴らしく顧客を集めてきても、
外見で失注したら勿体無いですからね。

問題は、「注意したとしても直りますか?」という点です。
仕事だから注意を聞いて当然ですが、実際直らない人もいます。

これは人を雇ってるあなたなら、わかりますよね?
どれだけ注意しても直らない、わかってくれない。

これでスパッとクビにできるなら話は簡単ですが、
それよりも注意の方法を改善するほうが賢明です。
残念ながら1度や2度、注意しても直らないんですよ、そういう人は。

その場合、あなたは根気負けしてはいけませんよ。
習慣として注意し続けるんです。

方法を説明しますね。
朝礼のときに、身だしなみチェックをしましょう。
在り来たりですが、コレ結構効果ありますよ。

効果がない!っていう人は継続しないから効果がでないんですよ。
正しい習慣は続けたら必ず効果がでます。
・・・というか効果がでるまで続けるんですよ。

結構古臭いですが、身だしなみチェックロールプレイングは、
継続して続けると間違いなく営業の数字は上がりますよ。
もちろん成果は千差万別ですが、総合的にはあがりますから。

自分で営業をするのは楽ですけど、マネージメントは根気ですよね。
営業マンに良い習慣を持たせることが大切です。

コメントを残す

このページの先頭へ