リフォーム営業はブラックな仕事か?

まずブラックな仕事とはなんなのか?

  • 定時に帰れない
  • ノルマがきつい
  • 残業代がでない

ブラック企業の定義は、人それぞれ微妙に違うところ。
ノルマがきつい、といっても感じ方は違います。
ですが、ブラック企業の定義を深堀すると長くなるので・・。

ここでは、ブラック企業は定時に帰れない、残業代がでない。
この2つに該当する会社、ということにします。
ではリフォーム営業の仕事は、ブラック化しやすいのか?

スポンサードリンク

ブラック企業になりやすい会社とは?

ブラック企業には、利益率が低い会社がなりやすい。当たり前ですよね。
では利益率が高い低いは、なにをもって判断するのか?
それは、リフォーム営業の仕事だけを見ていてもわかりません。

飲食店と比較する、IT企業と比較する、といった視点が必要です。
全ての会社と比較して、相対的に利益率が低い仕事なら、
相対的にブラックな会社になりやすいのは当然です。

利益率が低い場合、会社の仕組みが良ければ、ブラック化を回避できます。
逆に言うと、利益率が高ければ、仕組みができてなくても会社は成り立ちます。

では、リフォーム営業の仕事はどうでしょうか?
リフォーム営業の場合は、案件によって利益率が一定しません。
これは飲食店とは違いますよね。

一般的な飲食店は、メニューの金額は誰であろうと一定です。
なので、仕組み化ができれば会社も安定します。

リフォーム営業も、誰に何を売るのか、
が決まれば、利益率は一定になりやすいです。
そこは会社の戦略によるので、リフォーム営業と一括りにはできませんね。

ただ唯一言えることは、営業マンの効率化を意識した組織。
でないとブラック化するのは必然でしょう。

営業マンの効率化は、「誰に何を売るのか」
を具体的にできればかなり時間の短縮が可能です。

ただし誰に何を売るのか、と決めると仕事の幅を狭くします。
なので、会社の戦略が的確でないと上手くいきません。
上手くできれば、会社の利益率が良くなります。

そうなれば、ブラック企業にはなりにくいですよね。

個人でできるブラック回避の方法は?

ブラック企業になるかは、会社の仕組み次第。
というのが大前提なので、ブラックな会社なら辞めるのが一番です。

とはいっても、色んな事情で会社を辞めるのは難しい人もいます。
なので、個人でブラックな環境を回避する方法を考えました。

NO.1 上司に好かれる

会社で成功するのは、成績以上に人間関係だったりします。
なので、上司に好かれるというスキルはあれば得ですね。

まず残業代はともかく、定時に帰れるかは直属の上司次第でもあります。
パワハラ系の上司なら、先に帰るのは難しいかもしれません。
ですが、相手も人間です。やり方次第では早く帰ることもできます。

上司に好かれる方法は、正直人それぞれ違うので答えはありません。
なので、好かれた前提で次の対策です。
まずは、「早く帰る理由」を考えてみましょう。

例えば、なんの理由もなしで定時だから帰ります。
というのは、ブラック企業には通用しません。
会社の仕事以上に早く帰らなければいけない必要性を考えましょう。

これは、一般的な理由よりも、より上司が共感できる理由のが良いです。
例えば、母親想いの上司なら、親孝行に関する用事なら帰りやすいでしょう。
逆に母親と仲が悪い上司なら、怒られる可能性もありますね。

NO.2 他人からの評価を気にしない

上司に好かれる、の真逆の戦略です。
人の目を全く気にしない、実はこれがお薦めです。

定時に帰れない本当の理由は、帰れないではなく、他人の目を気にして帰れないです。
なので、他人からどう思われようが気にしなければ良いのです。

それができれば、帰る理由はいりません。
定時だから帰ります、それだけですよね。
最低限仕事ができるのであれば、堂々と帰れば良いのです。

NO.3 仕組みを変えるポジションにいく

他人からの評価を気にしない、をお薦めしますが、
それができない人、要領よく帰るのが苦手な人は王道路線しかありません。

出世して仕組みを変えて、堂々と帰る。
これが理想ですが、一番難しいでしょう。
基本的に出世するのは、要領が良い人なので・・

上手く出世できても、仕組みを変えるのは難しいです。
現状を変えるのが嫌な頭の固い社員は山ほどいます。
本当に仕組みを変えたいのなら、独立したほうが早くて確実ですね。

まとめ

大前提として、会社の仕組みがブラックよりなら対策は辞めることです。
それが無理なら、できる範囲で頑張るしかありません。

会社で上手く立ち回るには、要領良くするのが一番です。
そのためには空気を読みながら、コミュニケーションをとり、
適度に働き、適度に結果を残す・・

それだけのスキルがあれば、どの会社でもやっていけますね。
独立しても仕事に困ることはないでしょう。
ブラック企業で要領よくこなす・・・
というのが個人のスキルを伸ばす環境かもしれませんね。

そう考えるとブラック企業で働くのも悪くない。
とポジティブに考えるのもブラック企業で働くコツですね。

PS. どの職場で働くか?というのは個人のスキルよりも大事です。
>>>リフォーム営業、転職のコツとは?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ