人が辞めるのは、リフォームの営業がきついから?

中小企業の多くが、人材難で困っています。
リフォームの営業マンも辞める人が多いですね。

それは、リフォームの営業がきついからでしょうか。
ここでは、その疑問を分解して考えていきます。

まず大前提として、人間関係の問題は除きます。
というのも、会社が嫌になる原因の多くが社内の人間関係です。

嫌な上司やパワハラとかですね。
それは本来、仕事の話とは別です。
なので、今回は社内人間関係は別問題と考えます。

スポンサードリンク

リフォーム営業を分解して考える

まず、リフォーム営業の仕事を分解してみましょう。
もちろん、会社によって方法は異なるので、これは一例です。

  • 集客
  • 営業
  • 現場

大きく分けると、この3つに分解できます。
では、順番に見ていきましょう。

リフォーム集客

集客はマーケティング部が別にあり、完全な反響営業の場合もあるでしょう。
でなければ、訪問販売やポスティングといった例です。

昔のイメージだと営業といえば、訪問販売ですね。
多くの人が苦手意識を持っていて、きついと感じる仕事の一部です。

他には、昔の顧客訪問とかですね。
適当な理由をつけて、訪問するわけなので面倒といえば面倒です。

  • 訪問販売
  • ポスティング
  • OB顧客訪問

さて、どうでしょうか?
これらの仕事を想像して、きついと感じたのなら完全反響型の会社をお薦めします。
インターネットが発展した現状、多くが反響型に移行しています。

リフォーム営業

ここからは、実際の営業が始まります。
お客さん宅を訪問し、ヒアリング、提案、見積もり提出。
その後、契約して工事までの打ち合わせといった感じですね。

  • ヒアリング
  • 提案
  • 見積作成
  • 商談
  • 打ち合わせ

ヒアリング、提案はリフォーム営業の醍醐味と言えるでしょう。
でも、例えば人の話を聞くのが嫌い。
という人は不向きかもしれません。

営業の仕事の多くが、まず悩みを聞くことから始まります。
その後、解決方法を提案するというのが一般的な流れです。
ヒアリングせずに、商品をお薦めするのはただの押し売りです。

提案する際は、見積もり金額を計算します。
この計算が面倒、見積もりを作るのが嫌い、という人は多くいます。
会社によっては、事務員が見積もりを作成するパターンもあります。

見積作成後は、商談です。
この提案内容が他社と差別化されているのなら、
商談といっても大してきつくないでしょう。

ただ、どこにでもある商品だとすれば、
金額交渉といった流れになりがちです。
お金の駆け引きが嫌いという人は、きついと感じるでしょう。

無事商談が決まれば、工事までの打ち合わせです。
色等の仕様を決めたり、その他設備商品の打ち合わせとかですね。
家が好きな人なら楽しいかもしれませんが、面倒と感じる人もいるでしょう。

この仕事は、営業ではなく、別にインテリアコーディネーター等のスタッフが、
打ち合わせをする場合もあります。

リフォーム現場管理

基本的には営業ではなく、現場監督がする業務です。
ただ会社によっては、営業が兼任する場合もあります。
少額工事が多い会社なら、このケースは多いでしょう。

  • 工程作成
  • 商品発注
  • 職人段取り
  • 工程、品質、安全管理

工程作成は、完成から逆算して工程表を作成します。
現場知識が必要とされるので、それなりの経験、勉強がいります。

多くの営業マンは、この段階できつい感じます。
というのも、現場が予定通り進まないのはかなりのストレスになります。
人によっては、売るだけが良い!と考える人も多いでしょう。

工程を作成できたら、商品発注、職人段取りです。
ここも商品知識や現場知識、金額交渉が必要になります。
知識があればあるほど、楽になる作業です。
それまでは、ひたすら経験値を積む必要があります。

あとは、実際の現場監督業務です。

  • 工程通り進んでいるか?
  • 適正に工事をしているか?
  • 事故がおきないよう安全か?

といった感じですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
営業がきつい、といっても感じ方は人それぞれです。

生粋の営業マンなら売る以外はしたくないでしょう。
家が好きな人なら、営業はしたくない、と感じるかもしれません。

あなたはどういったタイプなのか?
それを知ればリフォームの営業が向いているのか?
それとも違う仕事につくべきか、がわかるでしょう。

PS. もし、営業がしてみたい!という人はこの記事がお薦めです。
リフォーム営業のコツ、営業マンに責任はない!?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ