リフォーム営業、平均年収はどれくらいか?

リフォーム営業,平均年収

リフォームの営業マンの年収はどれぐらいなのか?
会社によって違いますが、360万~720万ぐらいが多いでしょう。

なぜ、これだけ大きな差がでるのか?
それは当然、優秀な営業マンがいれば、仕事ができない営業マンもいるからです。
仕事ができない人も、最低賃金があるので、360万ぐらいはあるのが普通です。
まぁ、会社との契約の仕方によって違うと思いますが。

スポンサードリンク

営業マンの限界値とは?

それでは、平均年収1000万円にいかない理由はなんなのか?
恐らく1000万円を超える営業マンは、ほんの一部です。
もらっている人の多くが、マネージャーとして人の管理をしている立場の人です。

純粋な営業マンが1000万いくのはかなりのレアケース。
給与の計算は、会社にどれだけ貢献してるかでおおよそ判断できます。
極端に言えば、1億の利益を生み出す人なら3000万は最低貰えると計算できます。
それでは、1000万円もらおうと思えば、3000万は利益を生み出せば良いのです。

しかし、それは口で言うほど簡単ではありません。
なぜなら、リフォーム業は商品を売りさばく仕事ではないからです。
売るだけならまだしも、現場管理、デザイナーなど数人で工事を完成させます。
大型案件であればあるほど、一人の力では契約までいけません。

なので、1人の力では2000万円の利益が現実的な限界値です。
(もちろん、1億の利益をつくっていてもおかしくはないです。
優秀な人は、普通では考えられないほど優秀なんです)

年収は、基本的には人それぞれの能力によって違いますし、
会社の方針によっても違います。
むしろ、営業マンの能力よりも会社次第の面が強いですが・・

年収400万の営業マンが転職しただけで年収600万になることはザラです。
なので、大事なのは能力以上に環境ということです。

まとめ

営業マンの年収が決まる優先順位は、

  • 会社の給与配分
  • 営業マンの成果

どれだけ優秀な営業マンでも、転職をしただけで年収はアップします。
そして年収が下がることも当然あります。

PS. 一番大事なのは、会社の環境です。
もし転職をするなら、注意して就職先を探しましょう。
【参考】リフォーム営業、転職のコツは?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ