MENU

ヒンメリ多面体の作り方、ダイソーや無印良品でも売ってる?

ヒンメリ,作り方,多面体,ストロー,ダイソー,無印良品,キット
  • URLをコピーしました!

「ヒンメリを作ってみたい!」「普通のでなくて多面体も作れる?」「100均、ダイソーでも売ってる?」といった疑問を解決する記事を書いていきます。

目次

ヒンメリとは?簡単に特徴を解説

まずヒンメリって何?って方のために、さくっと解説していきます。

ヒンメリ(Himmeli)は、伝統的なフィンランドの装飾品です。「元々は、冬至やクリスマスの時期に家の中に吊るされる幾何学的な形状のモビールの一種」でした。ヒンメリは、古くから北欧の文化に根ざしており、特にフィンランドやスウェーデンで人気があります。

ヒンメリの特徴と意味

  • 素材: 伝統的には、ライ麦や他の穀物の藁を使って作られます。現代では、プラスチック、金属、紙など様々な素材で作られることもあります。
  • 形状: 幾何学的な形状が特徴で、多面体や複雑な立体構造をしています。これらの形状は、しばしば天の星や天体を象徴しているとされます。
  • 意味: ヒンメリは、豊穣や幸運をもたらすとされ、特に収穫の豊かさと関連付けられています。また、家庭の平和や幸福を願うシンボルとしても用いられます。

ヒンメリを作るには、藁やストローを細長く切り、糸で結びつけて幾何学的な形状を作ります。このプロセスは繊細で、手先の器用さと創造性を要します。完成したヒンメリは、天井から吊るしたり、壁に掛けたりして飾られます。

現代におけるヒンメリ

現代では、ヒンメリは北欧デザインの一部として、インテリアのアクセントやクリスマスの装飾品として世界中で人気を集めています。その美しいデザインと、作る過程での楽しさから、DIYプロジェクトとしても人気があります。

ヒンメリは、そのシンプルで洗練されたデザインが魅力的で、現代の家庭においても、美しい装飾品としての地位を確立しています。

ヒンメリの作り方|基本形と多面体を紹介

ヒンメリを作るには、基本的な技術と少しの忍耐が必要です。ここでは一般的なシンプルなヒンメリと、少し複雑な多面体のヒンメリの作り方を紹介します。

基本的なヒンメリの作り方:

必要な材料

  • 薄いストロー(伝統的には藁ですが、プラスチックや紙のストローでも可)
  • 糸(薄くて丈夫なもの)
  • 針(糸を通すため)
  • 定規
  • ハサミ

手順

  1. ストローの準備: ストローを均等な長さ(例えば10cm)に切ります。
  2. ストローを糸に通す: 糸を針に通し、4本のストローを糸に通します。
  3. 三角形を作る: ストローを三角形に並べ、角を糸で結びます。
  4. 基本形の完成: 三角形を3つ作り、それらを底面で接続して、三角錐(四面体)を作ります。
  5. 吊るす: 完成したヒンメリを糸で吊るします。

多面体のヒンメリの作り方

多面体ヒンメリに必要な材料

  • 上記と同じ

多面体ヒンメリの作成手順

  1. 基本形の作成: 基本的なヒンメリの作り方で三角錐を作ります。
  2. 追加の三角形の作成: さらに三角形を作り、既存の三角錐に接続していきます。このプロセスを繰り返すことで、多面体の形状が形成されます。
  3. 複雑な形状の作成: 多面体を作るには、さらに多くの三角形を組み合わせていきます。この際、幾何学的なバランスを考えながら進める必要があります。
  4. 完成: 望む形状ができたら、余分な糸を切り、ヒンメリを吊るします。

多面体ヒンメリの注意点

  • 対称性: ヒンメリは対称性が重要です。各部分が均等になるように注意してください。
  • 糸の張り: 糸が緩すぎると形が崩れやすくなりますが、締めすぎるとストローが曲がることがあります。
  • 忍耐と練習: 特に多面体のヒンメリは複雑なので、完成するまでには練習と忍耐が必要です。

ヒンメリ作りは、創造性を発揮できる楽しいプロジェクトです。基本的な形から始めて、徐々に複雑なデザインに挑戦してみるのがおススメです。

ヒンメリの購入場所

ヒンメリは北欧デザインやクラフトを扱う店舗、オンラインショップ、またはクラフトフェアなどで見つけることができます。ダイソーのような100円ショップでも、時にはヒンメリやそれに似た装飾品が販売されていることがありますが、店舗によって取り扱い商品は異なります。

ヒンメリの購入場所

  1. 北欧デザインショップ: 北欧のデザイン商品を専門に扱う店舗は、ヒンメリを含むさまざまな伝統的な装飾品を取り扱っている可能性が高いです。
  2. クラフトフェアやマーケット: 手作り品やアート作品を扱う市場やフェアでは、ユニークなヒンメリを見つけることができるかもしれません。
  3. オンラインショップ: 楽天やAmazonなどのオンラインマーケットでは、さまざまなスタイルやサイズのヒンメリを見つけることができます。
  4. 100円ショップ(ダイソーなど): ダイソーのような100円ショップでは、季節によってはヒンメリ風の装飾品を取り扱っていることがあります。ただし、これらの店舗での取り扱いは保証されていないため、実際に店舗を訪れて確認するか、オンラインでの商品情報をチェックするのがお薦めです。

ヒンメリ購入時のヒント

  • 在庫確認: 特に100円ショップで購入を考えている場合は、事前に店舗に在庫を確認することをお勧めします。
  • オンラインレビュー: オンラインで購入する場合は、商品のレビューを確認して品質を把握しておくと良いでしょう。
  • DIYキット: ヒンメリを自分で作りたい場合は、DIYキットを購入することも検討できます。これらのキットは、必要な材料と作り方が含まれています。

ヒンメリは購入する人もいますが、100均一や無印良品の材料を駆使して、DIY自作する人が多いです。時間に余裕があれば、ぜひ作ってみましょう!

ヒンメリのまとめ

最後にまとめると、

  • ヒンメリは、伝統的なフィンランドの装飾品
  • 元々は、冬至やクリスマスの時期に家の中に吊るされる幾何学的な形状のモビールの一種
  • 100均一や無印良品の材料からDIYする人が多い

以上。ヒンメリに関する記事でした。ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【Xフォロワー数4万人突破!】

好きなスポーツ番組、映画ドラマの最新ニュースをお届けします!
唐揚げ、チーズトンカツが大好きです!

目次