リフォーム資格の種類

リフォームに関連する資格は沢山あります。
こちらの資格一覧に、リストアップしていきます。

こちらは、肩書別にお薦めの資格を説明しています。

資格勉強法

最小時間で資格合格するには、戦略が必要です。
忙しいからこそ、資格勉強法をマスターしましょう。

2級建築施工管理技士

リフォームは、ゼネコン系、新築系に比べるとスケールが小さいです。
だからこそ、最低限の現場知識は誰もが必要です。
2級建築施工管理技士は、基本的な現場知識を学べます。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、完成から逆算してコーディネートします。
内装仕上げをするリフォーム業者にとっても、役立つ知識を学べます。

二級建築士

増築や間取り変更リフォームでは、建築構造の知識が必要です。
設計やプランナーだけでなく、営業マンも知っておくと有利な知識です。

宅地建物取引士

不動産&リフォームで事業展開する会社が増えています。
リフォームの知識をベースに、宅建があると転職にも有利です。

リフォーム転職

転職は半強制的に、新しい知識を学べます。
スキルアップの手段に転職はお薦めです。
戦略的な転職のコツを学ぶましょう。

リフォーム開業の流れ

資格を取得すれば、転職のハードルも下がります。
経験を積めば、リフォーム開業も視野に入ってきます。

リフォーム集客

スタートアップには、特に集客の知識が必要です。
スキルがあっても集客ができない、という事態は避けましょう。

リフォーム営業

質の良い集客ができれば、営業は契約を決めるだけです。
必要最低限の営業知識を学びましょう。

リフォーム設計

提案力があれば、他社との差別化になります。
提案で差別化できれば、集客と営業が楽になります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ