MENU

もらい錆の原理。ステンレス浴槽の落とし方を徹底解説

もらい錆の原理と名ニズム,ステンレス浴槽の落とし方を解説
  • URLをコピーしました!

「お風呂に錆がある・・」「放置だとやばい?もらい錆の落とし方を教えて」といった、もらい錆の疑問を解決する記事を書いていきます。

目次

もらい錆って何?原理とメカニズムを解説

まず「もらい錆って何?」って方のためにサクッと解説します。

もらい錆は金属の錆(サビ)が他の金属に影響を与える現象のことです。金属の錆(サビ)は主に「鉄が酸素や水と反応して酸化鉄を生成する化学反応」によって生じます。この過程は、鉄が湿気や塩分などの環境にさらされることで加速されます。もらい錆のメカニズムを物理的な観点から考えると、以下のような要素が考えられます。

  1. 接触腐食:異なる金属が接触している場合、一方の金属が腐食しやすくなることがあります。これは、異なる金属間で形成される電位差によるもので、腐食しやすい金属(陽極)が錆びやすくなります。
  2. 飛散した錆の影響:錆びた金属の近くにある他の金属に、錆の粒子が飛散することがあります。これにより、錆びていない金属にも錆が広がる可能性があります。
  3. 環境因子:湿度や塩分、汚染物質などの環境因子が、複数の金属に同時に影響を与え、錆を促進することがあります。

ただし、これらの説明は金属の腐食に関するものであり、日常会話で使われる「もらい錆」という表現の比喩的な意味とは異なります。日常会話での「もらい錆」は、他人の行動や問題が周囲に及ぼす間接的な影響を指す言葉です。

ステンレス浴槽のもらい錆の落とし方

ステンレス製の浴槽に発生した「もらい錆」を落とす方法は、以下の手順で行うことができます。ステンレスは錆びにくい材質ですが、他の錆びた物体との接触や特定の化学物質によって、表面に錆が発生することがあります。

必要なもの

  • ベーキングソーダ(重曹)
  • 白酢またはクエン酸
  • 柔らかい布またはスポンジ
  • ゴム手袋(オプション)

手順

  1. 浴槽の清掃:まず、浴槽を通常の方法で清掃してください。これにより、汚れやほこりが除去され、錆を落としやすくなります。
  2. ベーキングソーダの使用:ベーキングソーダを少量、錆に直接振りかけます。
  3. 白酢またはクエン酸の適用:白酢またはクエン酸をベーキングソーダの上に少量かけます。これにより、軽い泡が発生し、化学反応が起こります。
  4. 擦り洗い:柔らかい布またはスポンジを使用して、優しく錆の部分をこすります。強くこするとステンレスの表面を傷つける可能性があるので注意してください。
  5. すすぎと乾燥:錆が取れたら、水でよくすすぎ、乾いた布で浴槽を乾かします。
  6. 繰り返し処理:必要に応じて、上記の手順を繰り返してください。

注意点

  • ステンレス表面を傷つけないように、硬いブラシや研磨剤は使用しないでください。
  • 使用する前に、目立たない部分で材料をテストして、浴槽の材質に損傷を与えないことを確認してください。
  • もし自分での取り除き方に自信がない場合は、専門家に相談することをお勧めします。

これらの手順は一般的なガイドラインであり、浴槽の材質や状態によっては異なる方法が適している場合があります。安全かつ効果的な方法を選択するために、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。

もらい錆のまとめ

最後にまとめると、

  • もらい錆は、鉄が酸素や水と反応して酸化鉄を生成する化学反応のこと
  • ステンレス浴槽のもらい錆は「重曹とクエン酸」が必要
  • 注意点として浴槽を傷つけないよう、固いブラシを使わないこと

以上。もらい錆に関する記事でした!ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【Xフォロワー数4万人突破!】

好きなスポーツ番組、映画ドラマの最新ニュースをお届けします!
唐揚げ、チーズトンカツが大好きです!

目次