MENU

ドライシャンプーではげる?汚れはどこへ?デメリットや効果、使い方を徹底解説

ドライシャンプーではげる,汚れはどこへ,デメリット,効果
  • URLをコピーしました!

「忙しくて時短したいんだけど、ドライシャンプーって効果あるの?」「ドライシャンプーではげるって聞いたけど本当?」「水を使わないけど、汚れはどこにいくの?」といった、ドライシャンプーの疑問を解決する記事を書いていきます。

目次

ドライシャンプーとは|効果を解説

ドライシャンプーは「水を使わずに髪の毛を清潔に保つための製品」です。主にパウダーまたはスプレーの形で提供され、以下のような効果があります。

  1. 油分の吸収:
    • ドライシャンプーは、髪の根元に蓄積した余分な油分や皮脂を吸収します。これにより、髪がさらさらになり、清潔感が回復します。
  2. 髪のボリュームアップ:
    • 髪の根元に適用することで、髪にボリュームを与え、ぺたんこになった髪をリフレッシュします。
  3. ニオイの除去:
    • 一部のドライシャンプーには、不快な頭皮のニオイを中和する成分が含まれています。
  4. 時間の節約:
    • 忙しい朝や外出先での使用に便利で、水とシャンプーを使って髪を洗う時間を節約できます。
  5. スタイリングの容易化:
    • 髪のグリップを改善し、スタイリングを容易にします。

ドライシャンプーのデメリット

ドライシャンプーは便利で時短に役立つ製品ですが、いくつかのデメリットもあります。

  1. 残留物の蓄積:
    • 頻繁に使用すると、ドライシャンプーの成分が頭皮や髪に残留し、毛穴を塞いだり、頭皮の刺激やかゆみを引き起こす可能性があります。
  2. 頭皮の問題:
    • 頭皮の敏感な人や皮膚トラブルがある人は、ドライシャンプーの成分によって症状が悪化することがあります。
  3. 髪質の変化:
    • 長期間の使用は髪の質感を変え、乾燥させることがあります。特に、すでに乾燥している髪には注意が必要です。
  4. 白い残留物:
    • 特に暗い髪色の人が使用すると、ドライシャンプーが白い粉のように見えることがあります。
  5. 環境への影響:
    • スプレータイプのドライシャンプーは、エアゾール缶を使用することが多く、環境への影響が懸念されます。
  6. コスト:
    • 定期的に使用する場合、ドライシャンプーは追加の美容費用となります。
  7. 一時的な解決策:
    • ドライシャンプーは一時的な解決策であり、汚れや油分を完全に取り除くわけではありません。定期的な水洗いとシャンプーが必要です。

これらのデメリットを考慮し、ドライシャンプーは適切な状況で適度に使用し、頭皮と髪の健康を維持するために通常の洗髪を定期的に行うことが重要です。また使用する前には成分を確認し、自分の髪質や頭皮の状態に合った製品を選ぶことがお薦めです。

ドライシャンプーの使い方

ドライシャンプーの使用方法は比較的簡単で、以下のステップに従って行います。ただし、製品によって若干の違いがあるため、使用前には必ずパッケージの指示を読んでください。

スプレータイプのドライシャンプーの使い方

  1. 髪をブラッシング:
    • 使用前に髪をよくブラッシングして、絡まりを解消し、余分な油分や汚れを取り除きます。
  2. 適量を振る:
    • 缶をよく振ってから使用します。これにより、成分が均一に混ざります。
  3. 適切な距離でスプレー:
    • 缶を頭から約20~30センチ

メートル離し、特に油分が多いと感じる頭皮の根元や分け目に向けてスプレーします。全体に均等に行き渡るように、頭を動かしながら軽くスプレーすると良いでしょう。

  1. 数分間放置:
    • スプレー後、数分間放置してドライシャンプーが油分や汚れを吸収するのを待ちます。
  2. 髪をマッサージ:
    • 指の腹を使って頭皮を優しくマッサージし、ドライシャンプーを髪になじませます。これにより、余分な油分や汚れが吸収されます。
  3. 余分な粉を取り除く:
    • ブラシやコームを使って髪をとかし、余分な粉を取り除きます。暗い髪の場合は特に、白い

残留物が残らないように注意してください。

  1. スタイリング:
    • ドライシャンプーの処理が完了したら、通常通りに髪をスタイリングします。

パウダータイプのドライシャンプーの使い方

  1. 少量を手に取る:
    • 少量のパウダーを手のひらに取ります。
  2. 根元に適用:
    • パウダーを髪の根元に直接塗布し、特に油分が多い部分に集中させます。
  3. マッサージ:
    • 指の腹で頭皮を優しくマッサージし、パウダーを髪になじませます。
  4. 余分なパウダーを取り除く:
    • ブラシやコームで髪をとかし、余分なパウダーを取り除きます。

ドライシャンプーではげる?

ドライシャンプーの使用が直接的に脱毛やはげを引き起こすという科学的な証拠はありません。しかし、ドライシャンプーの過剰使用や不適切な使用は頭皮の健康に影響を与える可能性があります。以下の点に注意することが重要です。

  1. 頭皮の刺激:
    • ドライシャンプーの成分が頭皮を刺激し、かゆみや炎症を引き起こす可能性があります。これは、特に敏感肌の人にとって問題になることがあります。
  2. 毛穴の詰まり:
    • ドライシャンプーの残留物が毛穴を詰まらせることがあり、これが頭皮の健康を損ない、最終的には髪の成長に影響を与える可能性があります。
  3. 頭皮の乾燥:
    • 頻繁な使用は頭皮を乾燥させることがあり、乾燥した頭皮は脱毛のリスクを高めることがあります。
  4. 適切な洗髪の欠如:
    • ドライシャンプーは水とシャンプーによる洗髪の代わりにはなりません。適切な洗髪を怠ると、頭皮の健康が損なわれる可能性があります。

結論

ドライシャンプーを適切に、適度に使用し、定期的に水とシャンプーで髪を洗うことが重要です。

ドライシャンプー、汚れはどこへいく?

ドライシャンプーは、水を使わずに髪の清潔感を一時的に改善する製品ですが、実際には汚れを取り除くわけではありません。ドライシャンプーの主な作用は、髪の根元に蓄積した余分な油分や皮脂を吸収することです。以下にそのプロセスを説明します。

  1. 油分の吸収:
    • ドライシャンプーに含まれる成分(通常はスターチベースの粉末やアルコール類)が、髪の根元の油分や皮脂を吸収します。これにより、髪は一時的にさらさらに見え、清潔感が回復します。
  2. 一時的な結合:
    • ドライシャンプーの粉末は、油分と一時的に結合し、髪の表面に残ります。これが髪を清潔に見せる効果をもたらします。
  3. 物理的な除去:
    • ドライシャンプーを使用した後、ブラッシングやコーミングを行うことで、吸収した油分とともに粉末を物理的に髪から取り除きます。
  4. 汚れの除去には限界がある:
    • 重要なのは、ドライシャンプーが髪の表面の油分を一時的に処理するだけであり、実際の汚れやほこり、汗などは完全には取り除かれないということです。これらの汚れは、通常の水とシャンプーによる洗髪でしか完全に取り除くことができません。

結論

ドライシャンプーは、忙しい日や外出先での一時的な解決策として有効ですが、定期的な水洗いとシャンプーによる洗髪に取って代わるものではありません。髪と頭皮の健康を維持するためには、通常の洗髪ルーチンが不可欠です。

ドライシャンプーのおすすめを紹介

ドライシャンプーを販売してるメーカーは多数ありますが、ここではお薦めの商品を3つピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。

ナプラ N.エヌドット SHEA ドライシャンプー150ml 美容院・サロン専売品【napla】

【5個セット】h&s ドライシャンプー 頭皮の臭い・フケ対策 スカルプリフレッシャー (65ml)

ドライシャンプー (水のいらないシャンプー) フレッシュシトラスペアの香り ダイアン パーフェクトビューティー 95g

ドライシャンプーのまとめ

最後にまとめると、

  • ドライシャンプーは時短で頭髪ケアするのに便利なアイテム
  • ですがドライシャンプーは、実際に汚れを落とすものではない
  • なので「通常の水を使った頭皮ケアをメインでする」のがお薦め

以上。ドライシャンプーに関する記事でした。ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【Xフォロワー数4万人突破!】

好きなスポーツ番組、映画ドラマの最新ニュースをお届けします!
唐揚げ、チーズトンカツが大好きです!

目次