MENU

LFCコンポストで失敗?デメリットや口コミを徹底解説

LFCコンポスト,欠点やデメリット,口コミ
  • URLをコピーしました!

「LFCコンポストって評判は良いの?」「食品廃棄が肥料になるなら使ってみたい」「でも購入して失敗してる人はいるのかな?」といった、LFCコンポストの疑問を解説する記事を書いていきます。

目次

LFCって何?効果やメリットを解説

LFCコンポストの口コミをお伝えする前に、まずLFC自体を知らない方向けにさくっと解説します。


「LFC(Liquid Food Composter)」とは、つまり液体食品堆肥化機のことです。この装置は、食品廃棄物を液体の堆肥に変換するために設計されています。LFCは特にレストラン、ホテル、病院、学校などの大規模な食品廃棄物を処理する場所で使用されることが多いですが、一般家庭向けの商品も増えています。

LFCの効果

  1. 廃棄物削減:LFCは食品廃棄物の量を大幅に減少させることができます。これにより、廃棄物処理にかかるコストと環境への影響を削減します。
  2. 堆肥化:LFCは食品廃棄物を迅速に分解し、液体の堆肥に変換します。この堆肥は、土壌の栄養素を改善するのに使用できます。
  3. 温室効果ガスの削減:食品廃棄物を埋め立て地に送らないことで、メタンガスなどの温室効果ガスの排出を減らすことができます。
  4. 運用コストの削減:廃棄物の量が減少することで、廃棄物処理に関連する運用コストが削減されます。
  5. 衛生的な環境:LFCを使用することで、廃棄物が腐敗する前に処理されるため、不快な臭いや害虫の発生を抑制できます。

LFCの使用方法

  • LFCは、食品廃棄物を装置に投入し、内部で微生物を使用して廃棄物を分解します。
  • 分解プロセスは自動化されており、定期的なメンテナンスが必要ですが、日々の操作は比較的簡単です。

LFCの注意点

  • LFCは初期投資が必要ですが、長期的には廃棄物処理コストの削減につながります。
  • すべての食品廃棄物がLFCで処理できるわけではないため、使用する前に適切な廃棄物の種類を確認する必要があります。

LFCコンポストシステムは、廃棄物管理と環境保護の両方において、効果的な解決策を提供することができます。特に食品廃棄物が多い施設にとっては、コスト削減と環境への影響を減らすための有効な手段です。

LFCで失敗?デメリットはあるの?

LFC(Liquid Food Composter)コンポストシステムは、食品廃棄物を液体堆肥に変換する革新的な技術ですが、いくつかのデメリットや失敗のリスクがあります。これらを理解することは、システムを導入する際の意思決定に役立ちます。

デメリットと失敗のリスク

  1. 初期投資のコスト
    • 一般的にLFCシステムの導入には高額な初期投資が必要です。小規模な施設や限られた予算を持つ組織にとっては、このコストが負担となる可能性があります。
  2. 維持管理の必要性
    • 一般的なLFCシステムは定期的なメンテナンスが必要です。適切なメンテナンスが行われない場合、システムの効率が低下したり、故障の原因となることがあります。
  3. 限定された廃棄物の種類
    • すべての食品廃棄物がLFCシステムで処理できるわけではありません。例えば、非常に硬い物質や、化学的に処理が難しい物質は適していない場合があります。
  4. 処理時間
    • LFCシステムは即時に廃棄物を処理するわけではなく、一定の時間が必要です。大量の廃棄物を短時間で処理する必要がある場合、システムの容量が不足することがあります。
  5. スペースの要件
    • 一般的なLFCシステムは一定のスペースを必要とします。限られたスペースを持つ施設では、システムを設置するのが難しい場合があります。
  6. 臭いの問題
    • 適切に管理されていない場合、LFCシステムから不快な臭いが発生することがあります。
  7. 技術的な問題
    • 機械的な故障や技術的な問題が発生する可能性があります。これにより、システムの運用が一時的に停止することがあります。

このように一般的なLFCシステムは高額で家庭向きではないですが、ここで紹介するLFCコンポストは一般家庭向けに低価格で販売されているので、ぜひ口コミを参考にしてみてください。

LFCコンポストの評判と口コミ

LFCの商品は様々ありますが、購入者が多いローカルフードサイクリング株式会社が販売するLFCコンポストの口コミを掲載します。

LFCコンポストの良い口コミ

コンポスト生活一ヶ月が経ちました。夏の生ごみには必ずふりかけていた臭い消しも必要なくなり、何より水分が無い分、出すゴミの重さが軽いのです。もっと早く始めれば良かったと思いました。猫の食べ残したドライフードもコンポストに入れていますので、「あーあ、こんなに残して!」と思わなくなりました。気温36度も珍しくない土地ですが、今のところ虫さんはバック内に見かけません。2人暮らしですが、思ったより生ごみが出ていたので定期購入サイクルを早めました。

https://lfc-compost.jp/reviews?post_id=39&rating=5&pnum=2

私は自宅で草花や野菜を育てています。…と言ってもそのほとんどが、鉢やプランターで育てているので、いつも植え替えの時に出る土の処理に困っていました。

古く硬くなった土をリフレッシュするのに、自宅で堆肥作りができれば良いなぁ…とずっと思っていましたが、大きな木枠を作って設置する場所もなく、また住宅街なので臭いや虫などのことも気になって、行動に移せていませんでした。

けれど、コンポストのトートバッグがあることを知り、またサポーターに相談できたり、オンライン講座もあることを知り、思い切って始めることができました!

今はまだひとつ目のトートバッグですが、ふたつ目、三つ目と増やして行けたら嬉しいです!

自宅で調理する際に出た野菜の皮や切れ端から、堆肥ができて、その堆肥を使って草花や野菜を育てられると思うと嬉しくてワクワクしますし、環境にも貢献できているようで嬉しいです!
これからもどうぞよろしくお願いします

https://lfc-compost.jp/reviews?post_id=39&rating=5&pnum=3

LFCコンポストの悪い口コミ

初めてやるので勝手が分からず、最初に多めに基剤を入れてしまったのが悪かったのかうまくかき混ぜられず、生ゴミの臭いがひどくて家族から不評。容器のタイプ上、よくかき混ぜにくく、それも臭いの原因かと。マンションのベランダとかなら、おしゃれだし良いかもしれないが、とても室内には置けない感じ。こちらは北海道なので冬は外にも置けず、もう途中で止めて外の物置きにおいているがそれでも臭い。北海道は冬でも室内(玄関含め)は暖かいので、臭う。
その後、ダンボールのコンポストを購入したら、間口が広いのでかき混ぜやすいし臭いもない。臭いがしても、土の臭い。うちは食べ残しの生ゴミも多いので、こちらのコンポストの基剤は合わなかったのかな?野菜クズだけなら臭いもきつくないと思うが、それでは生ゴミがさほど減らないことになるのであまり意味がないと思ったので。

https://lfc-compost.jp/reviews?post_id=39&rating=1

生ゴミが中々分解しなくて、おまけに小虫が発生して、最悪です。以前使っていた、電気ポストの分解用粒が残っていたのを入れて、ようやく少し分解し始めました。もうやめます。

https://lfc-compost.jp/reviews?post_id=39&rating=1

LFCコンポストのまとめ

最後にまとめると、

  • LFCとは、食品廃棄物を液体の堆肥に変換するために設計されている
  • LFCは機械的な欠点もあり、中には購入して後悔する人もいる
  • 購入者が多数いるLFCコンポストは、おおむね良い評判ばかりである

以上。LFCコンポストに関する記事でした。ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【Xフォロワー数4万人突破!】

好きなスポーツ番組、映画ドラマの最新ニュースをお届けします!
唐揚げ、チーズトンカツが大好きです!

目次